口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

【評判】リドアーズの口コミを元就労移行スタッフが調査!

就労移行支援リドアーズってどうなの?

こんにちは、元就労移行支援員のこーすぴです。

就労移行支援事業所で3年以上働いていました。

統合失調症専門である就労移行支援事業所リドアーズについて調査した記事になります。リドアーズの評判についてお探しの方が対象になっています。

結論としては

リドアーズに向いてる人
  • 統合失調症の人
  • 企業とのコネがある就労移行がいい人
  • 求人情報をたくさん知りたい人
リドアーズに向いてない人
  • 専門職種を目指す人
  • 昼食・交通費を支援して欲しい人

そんなリドアーズはどんな所なのか、特徴は何か、評判・口コミ、他社と何が違うかを紹介できればと思います。ご参考いただければ幸いです。

リドアーズの評判・口コミを調査してみた!

口コミ・評判を紹介
リドアーズの口コミ・評判
  • 良い評判
  • 普通
  • 悪い評判

リドアーズ

リドアーズでやった研修は、僕にとって大事なものでした。ビジネスマナーやストレスマネジメント、症状理解研修にも、意味はありました。が、やはり、PC研修や職業トレーニングはとても必要なものだったのです。

僕は、取り組む時に独自のやり方でやっていくのが適しています。僕の中で仕事のやり方を独自のものにしていくのに、非常に大事な意味合いがありました。おそらく、他の就労移行支援施設では、ここまでの内容ではなかったと、思います。

リドアーズ

私が、企業から内定をもらえた理由は、自分がどのような時に体調を崩しやすいか、それをリカバリーする方法は何なのか、ということを自己理解し、伝えられたからだと思います。サインを見抜くことが大事です。

リドアーズでは、学生時代に戻れたようで、毎日の通所が楽しみでした。

リドアーズ

リドアーズでは、PCスキルを学んだり、ビジネスマナーを学んだり、ストレスマネジメント研修や症状理解研修で自分の症状と向き合ったりしてきました。

色々とお世話になったのですが、とくに前職の退職理由の振り返りは、みっちりやっていただき、本当に感謝しております。本社実習もとても勉強になりました。

リドアーズ

最初は、PCに対して苦手意識があり、スキルもつたなかったのですが、リドアーズに通所するうちにPCスキルも身につき、コミュニケーションスキルやその他の能力も大分向上しました。全てはスタッフの皆様と利用者の皆様のご支援のおかげです。

リドアーズ

リドアーズに通うのは、毎日とても楽しく、研修もとても充実しており、PCスキルもとても上達でき、コミュニケーションスキルも身につきました。

口コミ募集中

口コミが少ないので口コミ募集中です。

公式からの引用・抜粋です。

事業所が1つしかなく、当事者が少ないため口コミも少なく、悪い評判は見つかりませんでした。

リドアーズは国内唯一の総合失調症専門の就労移行支援事業所

全国唯一統合失調症専門

精神障害専門や発達障害専門の就労移行支援は数多くありますが、統合失調症専門の就労移行はリドアーズのみです。

統合失調症専門だと他の事業所となにが違うのかというと…

などがあげられます。

リドアーズの統合失調症専門プログラム

リドアーズでは、統合失調症の方が仕事をするにあたって必要な事柄を学ぶプログラムが用意されています。

専門プログラム例
  • 症状理解研修:統合失調症の症状と配慮点などを学ぶ
  • ストレスマネジメント研修:ストレスの対処法を学ぶ

仕事をする上で相手に自分を知ってもらうことはとても重要です。そのためには、まず自分を知る必要があります。

自分がどんな時に体調を崩すか、どんな配慮をしてもらうと仕事を円滑に進められるかなど、働く前に必ず説明できるようにします。

リドアーズは統合失調症の知識・ノウハウが豊富

当たり前ですが専門の就労移行支援事業所なので統合失調症への知識が豊富です。

スタッフには現在…

専門スタッフ
  • 精神保健福祉士:1名
  • 社会福祉士:2名

在籍してるそうです。

資格の有無関係なく、「毎日複数の当事者と接していること」「統合失調症の人の就職に関する情報」は他の就労移行よりも知ってるのではないでしょうか。

同じ悩みをもつメンバーがいる

リドアーズに通所するメンバーはほとんどが統合失調症の人です。残りは難病の方です。

ピアサポートという言葉を聞いたことあるでしょうか。ピアサポートとは、似た環境や悩みなど共通点を持つピア=仲間による相互支援活動です。

同じような経験や悩みを聞いてもらうことで、分かり合える喜びやこころの癒しが得られます。

就職するという目標も同じなので、心強い仲間になるでしょう。

特徴4:統合失調症で実際に社会で活躍している人の話が聞ける

リドアーズでは、統合失調症で実際に社会で活躍している人がピアサポーターとして講義をしてくれます。

体験談やストレスマネジメントなど当事者からリアルな声が聞けます。

リドアーズが就職に強い理由

就職に強い理由

厚生労働省によると就労移行支援の利用者の全国平均就職率は26.4%といわれています。

リドアーズは就労実績を公表していません。ただ、同じ系列のシゴトライ(うつ病専門)・リンクビー(発達障害専門)では2017年度に29名就職者を出しています。

同じatGPの系列ですが就職に強い理由があります。

リドアーズはatGP転職サービスと連携している

就職支援サービスatGPとの連携とノウハウ

リドアーズは障害者転職支援サービスの「アットジーピー【atGP】」と連携をしています。

atGPはリドアーズと同じゼネラルパートナーズが運営してる人材紹介サービスです。

それぞれの違い
  • atGP:転職エージェント、人材紹介
  • リドアーズ:就労移行支援事業所

就労移行は一般的に人材紹介は行えないので同じ系列に人材紹介を行ってるサービスがあるのは大変心強いですね。

メリット
  • 企業とのコネがある=ネットワークがある
  • 転職エージェントとの連携がしやすい=三位一体で就職が目指せる
  • 企業側も同じ系列で信用して雇用できる

企業の人事担当者が事業所見学にくる

実績を出しているリドアーズならではかと思いますが、企業の人事担当者が直接事業所に見学しにきます。

そこから就職に繋がることもあるみたいです。

「ふーん」って思うかもしれませんが普通の就労移行ではこんなことありません。

リドアーズは定着率も驚異の数値!

シゴトライの驚異の定着率
リドアーズの定着率


就労移行における定着率とは就職後半年仕事が続けられているかどうかの割合になります。

リドアーズの定着率は2017年度で93%となっています。

これがどれだけ高い数字か、あらゆるデータと比較してみましょう。

まずは他の就労移行と比較です。

大手就労移行支援の定着率比較(2017年度)
  • リドアーズ:93%
  • LITALICOワークス:86.1%
  • ウェルビー:86.1%

ちなみにLITALICOワークスとウェルビーは利用対象が全ての障害になるので単純な比較は難しいです。

ただ、こちらのデータを見てください。厚生労働省が発表している障害者雇用の1年後の障害別定着率です。

定着率(1年)

リドアーズ

93%

平均(発達)

約80%

平均(知的)

約75%

平均(身体)

約70%

平均(精神)

約64%

出典:厚生労働省

精神障害者の平均値は約64%なので93%がいかに高いかわかると思います。

それだけ普段のカリキュラムや就職後の定着支援がしっかりしているということでしょう。

リドアーズの悪いところ

もちろん悪いところもあります。

昼食・交通費がでない

昼食・交通費は自己負担

リドアーズは昼食・交通費が自己負担となっています。

昼食がでる就労移行が多い中、これは残念ポイントです。

交通費を支援してくれる就労移行も増えてきているので、金銭に余裕がない人は通所が厳しいかもしれません。

ちなみに住んでいる自治体によっては交通費を支援してくれるところもあるので、役所の障害福祉課などの窓口に問い合わせてみてください。

リドアーズは事業所が1つしかない

就職率も高く、定着率も高いリドアーズですが、事業所が1つ(東京:お茶の水)しかありません。

定員は20人となっているので、早い者勝ちになってしまいます。

場所は御茶ノ水にあり、23区民であればいける範囲かと思いますが、東京都以外では通所が苦になってしまう可能性があります。

就労移行支援事業所リドアーズのデータ・評判

就労移行支援リドアーズ
運営会社株式会社ゼネラルパートナーズ
事業所お茶の水
事業所数
(2020年/12月)
1事業所
対象統合失調症
就労実績非公表
定着率
(2017年度)※
93%
公式HPhttp://www.redoors.jp/

※定着率とは就職半年後に仕事を続けられている人の割合です。

リドアーズのアクセス・場所

事業所はどこにある?
リドアーズのアクセス・場所
東京にある事業所
  • お茶の水

よくある質問

よくある質問
リドアーズのよくある質問
利用料金はかかる?
就労移行支援は前年度の収入(配偶者含む)で料金が決まります。就労移行のほとんどは9割の人が無料で利用しています。
  • 生活保護受給世帯:0円
  • 市町村民税非課税世帯(大体収入300万円以下の世帯):0円
  • 市町村民税課税世帯(大体収入600万円以下の世帯):9,300円
  • 上記以外:37,200円
市町村民税課税世帯であり、グループホーム、入所施設利用者(20歳以上)は37,200円の負担になります。
障害者手帳がなくても利用できる?
主治医の診断書や意見書があれば自治体の判断によっては利用可能です。ただし、障害者雇用で就職を目指す人は必須です。
医者の診断は必要?
医者の診断は必須です。
給料はもらえる?
就労移行支援事業所は基本的に給料はもらえません。企業実習に行ったときに稀に工賃がもらえる場合もありますが期待はしない方がいいでしょう。
通所までの流れは?
  1. 1.公式HPから見学や説明会の予約
  2. 2.見学
  3. 3.体験利用
  4. 4.受給者証発行の手続きを進める
見学・体験はどんなことをする?
見学は概要説明と施設の見学になります。体験は利用者として体験利用ができます。
見学・体験は無料?体験後に断れる?
見学・体験は全員無料です。見学、体験をした後に正式に通所するかどうか聞かれると思いますが、合わなければもちろん断れます。断りづらいとかも特にないです。
複数の就労移行を見学・体験してもいい?
可能です。比較するのはとても大事です。

【まとめ】リドアーズに向いてる人、向いてない人

見学・体験をしましょう

以上をふまえてリドアーズに向いてる人、向いてない人をまとめると…

リドアーズに向いてる人
  • 統合失調症の人
  • 企業とのコネがある就労移行がいい人
  • 求人情報をたくさん知りたい人
リドアーズに向いてない人
  • 専門職種を目指す人
  • 昼食・交通費を支援して欲しい人

見学の申し込みは下記リンク先から行えます。

  • 全国唯一の統合失調症専門
  • 定着率93%

無料リドアーズ公式HPへ

リンク先:http://www.redoors.jp/

予約後、メールで連絡がきます。そこで日時を決定して見学といった流れです。

コメント

ページトップへ