ココルポート(旧Melk)の評判を元就労移行スタッフが調査!【取材にいってきました!】

ココルポートの評判 取材レポとインタビュー

就労移行支援Cocorport(ココルポート)に取材に行ってまいりました。

今回、訪ねた事業所は武蔵浦和Office。

取材をお願いしたところ快諾していただきました。ありがとうございます!

担当していただいた武蔵浦和Officeスタッフさん達です。

ココルポート武蔵浦和Officeのスタッフさん

ココルポートを検討している方」、「ココルポートの評判を知りたい方」に向けて以下の3点を紹介します。

  • 朝から一日見学した感想
  • 利用者さんの生の口コミ(インタビュー)
  • ココルポートの他社と異なる点

結論からいうと「とにかくまず見にいって欲しいな」と思える就労移行でした。ネットの情報だけでは伝えきれてない良さがあったのでそれをまとめていきます!

  1. ココルポートの評判は?
    1. 朝から一日見学をしてみた私の感想
      1. 1. 必然的にビジネススキルが身につきそう
      2. 2. 挨拶などの礼儀が身につきそう
      3. 3. 自己肯定感が高まりそう
  2. 利用者さんの評判は?
    1. 20代女性 (取材時利用中)
      1. ココルポートにどれくらい通われてますか?
      2. 就労移行を知ったきっかけは何ですか?
      3. ココルポートを選んだきっかけは何ですか?
      4. 通ってみてどうでしたか?
      5. 普段どんなことをしてますか?
      6. 好きなプログラムはありますか?
      7. エクセル・ワードはどのようにして出来るようになったんですか?
      8. 以前からパソコンは得意だったんですか?
      9. 通所で何かご自身で変わったことは何かありますか?
      10. ココルポートの悪いところは何だと思いますか?
      11. 何か皆さんへ一言ありますか?
    2. 50代男性 (就職)
      1. 働き始めてどれくらいですか?
      2. 仕事はどんなことをしてますか?
      3. 植物に興味があったんですか?
      4. 就労移行を知ったきっかけは何ですか?
      5. ココルポートはどれくらい通所されましたか?
      6. ココルポートは通ってみてどうでしたか?
      7. 通所してご自身で変わったことはありましたか?
      8. 好きなプログラムは何かありましたか?
      9. 大変だったことは何かありましたか?
      10. ココルポートの良いところは何だと思いますか?
      11. ココルポートの悪いところは何だと思いますか?
      12. 何か皆さんへ一言ありますか?
  3. ココルポートのメリット・強み
    1. 一人一人にあった支援
    2. 500ほどのプログラム
    3. スタッフの研修制度が手厚い
    4. 週2日~半日から通所可能
    5. 福祉専門資格と社会人経験を持つスタッフの割合が半々
    6. 交通費、昼食支給、ドリンクサーバーあり
    7. 一人一台のノートPC
    8. 通院同行あり
  4. ココルポートのデメリット・弱み
    1. IT系など、特化型の支援は行っていない
    2. 重度の身体障害の方の受け入れは環境上難しい
    3. Office(事業所)によって方針が若干異なる
  5. ココルポートの詳細情報
  6. よくある質問
  7. 【まとめ】ココルポートに向いてる人、向いてない人

ココルポートの評判は?

今回2名利用者さんにインタビューをしましたので、私の主観的な感想と利用者さんの口コミを紹介します。

朝から一日見学をしてみた私の感想

ココルポートを1日見学をしてみた私の感想

忖度はせず、正直に思ったことを書いていきます。

1日を通して感じた感想は「自分が通いたくなった」です!

マジです!

こういうことを書くと回し者みたいな感じで思われそうですが本当に思いました!疑ってる人は見に行ってみればわかります!

よかったと思った理由は以下の通りです。

よかった点
  • 必然的にビジネススキルが身につきそう
  • 挨拶などの礼儀が身につきそう
  • 自己肯定感が高まりそう

逆に悪かったと感じた点は良くも悪くもきっちりしているイメージだったので最初は疲れるかもしれません…!

悪かった点
  • 慣れるまでは疲れそう

疲れるのは当たり前なことなのでデメリットと言えるか微妙ですが…!

ということで総合的にみて、なぜココルポートが良いと思ったか紹介していきます。

注意:ココルポートはOfficeごとに多少ルールや取り組みが異なるそうなので以下は武蔵浦和Officeの感想です。

1. 必然的にビジネススキルが身につきそう

ココルポートは就労移行ではありますが就労移行というよりもビジネススクールに近い印象を感じました。

ビジネススクールに就労支援や定着支援が含まれているイメージですかね。

あくまで私の感想です

例えば、私はメモ取りが昔から苦手で毎回ボイスレコーダーに頼ってます。

機械に頼ることは悪いことではないですが手書きのメモの重要性もまだありますよね。

ココルポートでは毎朝メモを取る時間が設けられていました。朝礼後に、スタッフが業務連絡のような感じで情報を読み上げ、皆でメモを取ります。

急でちょっとビックリしましたが…!

毎朝習慣で行っていれば、必然的にスキルが身につきそうです。

見学した日のプログラムは午前午後どちらも「模擬就労」。

内容は残業状況の集計を、担当を分けて行うもので客観的にみて難しそうな印象です。

リーダーシップを取る方、時間を管理する方、エクセルが得意な方など、それぞれ得意なことを分担して進めていきます。

スタッフはプログラムの初めと終わりのみ説明やフィードバックを行い、わからないときだけサポートをするスタンスのようです。

これは嫌でもビジネススキルが身につきそう!

参加は強制ではないようなので苦手な方は徐々に参加していけるのもGoodです。

2. 挨拶などの礼儀が身につきそう

これはわりと衝撃だったのですが、利用者さんの挨拶、礼儀はとても大事にしている印象でした。

「ありがとうございます」「お疲れ様です」「失礼します」など簡単な挨拶ですが皆さんしっかりされていました。

挨拶は基本ですができない人が多いのも事実。

私はかなり苦手です!

慣れるための環境づくりはとても良いと思いました。

挨拶ができるだけで就職面接の印象はめっちゃ良くなりますからね。

それだけでも合否に大きな影響があるのは間違いありません。

こういった「土台をしっかり作る」のもココルポートの方針とおっしゃってました。

3. 自己肯定感が高まりそう

自己肯定感が低い方って多いと思います。

自己肯定感とは?

自身を肯定・否定する感覚のことであり、自己肯定感が低いといろんなことに自信がなくなり、自己肯定感が高いと何事にも前向きになれます。

私は低い方です…

ココルポートでは1日の終わりに毎日一人ずつスタッフにフィードバックをもらう時間があります。

1日を振り返り、改善点や良かった点をスタッフが教えてくれます。

自分で気付けなかった点や良かったところを褒めてくれるので自信にも繋がりますね。大人になると褒めてもらえる機会ってほとんどないですからね。

また、自分を客観的に見てくれる人がいるってすごい貴重です。誰しも自分だけでは気づけないところってあると思うんです。

それを知ることで自己理解に繋がり、就職活動でも就職後でも必ず役にたつと私は思います。


以上の3点から自分の至らない点が学べる、身につくと思い、私は通いたくなったわけです!

利用者さんの評判は?

利用者さんの評判は?

ココルポートを現在利用中の女性とココルポートを利用して就職された男性、2名の方にインタビューをしました。

20代女性 (取材時利用中)

20代女性にインタビュー

ココルポートにどれくらい通われてますか?

6ヶ月になります。平日5日間通所しています。

就労移行を知ったきっかけは何ですか?

主治医から2箇所就労移行を紹介されたのがきっかけです

ココルポートを選んだきっかけは何ですか?

もう片方の就労移行はまだできたばかりだったのと、ココルポートの方が広々としてて過ごしやすそうだったから選びました。

通ってみてどうでしたか?

スタッフさんが目的にそってプラスアルファで説明してくれるのがとても勉強になります。

普段どんなことをしてますか?

今日のプログラムでは模擬就労をやってます。プログラムでは毎回導入と振り返りがあり、自分の課題を明確にできます。これから社会に出て、様々な問題があると思いますが、模擬就労はそういった面でとても勉強になります。

最近は個別訓練の時間も取れたのでMOSの試験勉強、事務作業の訓練もやっています。エクセルとワードは実務でできるくらい使えるようになりました。

好きなプログラムはありますか?

心のケア、セルフマネジメント、自己理解、自己分析のプログラムが好きです。模擬就労もなるべく出るようにしてます。

エクセル・ワードはどのようにして出来るようになったんですか?

プログラムでも学びましたが個別訓練でMOS(※エクセル・ワードの資格)のeラーニングを繰り返し行なって学習しました。車の教習所での○×問題のような感じで数をこなしました。

以前からパソコンは得意だったんですか?

パソコンは、通所前は年賀状を作ったり音楽を入れたりなどの基本的な操作しかできず、エクセル、ワードは全くわかりませんでした。今はMOSの模擬テストで80%の点数取れるようになりました。

通所で何かご自身で変わったことは何かありますか?

半年通って変わったことは自信が持てるようになったことです。スタッフさんがすごい褒めてくれるのでそれだけでも自信がすごいつきました。

ココルポートの悪いところは何だと思いますか?

スタッフさんの仕事量が多く、負担が大きそうなのが心配です。もっとスタッフさんが増えたらいいかなと思います。

何か皆さんへ一言ありますか?

実際に通い始めたらスタッフさんはすごい親切でトレーニー同士も就職を目指す仲間なので心配する必要もなかったです。ここに来てとても良かったと思ってます。迷ってるのであれば、とりあえず見にきてみてください。

50代男性 (就職)

50代男性にインタビュー

働き始めてどれくらいですか?

1ヶ月くらいです。

仕事はどんなことをしてますか?

室内ファームでハーブティ用のハーブを育ててます。ハーブを育てたり、パック詰めなどの仕事をしています。

植物に興味があったんですか?

ワインが好きなのでワイン関係の仕事に興味がありました。ブレンドしてティーを作るという点に興味が持てました。

就労移行を知ったきっかけは何ですか?

誰かに勧められたわけではなく自分でインターネットを使って知りました。

ココルポートはどれくらい通所されましたか?

1年3ヶ月通いました。

ココルポートは通ってみてどうでしたか?

極端に言えば「病気になって良かった」とも思えるほどです。

今までの職務で得られなかったコミュニケーション力や情報共有力が学べました。指示を聞いて的確な行動をするというのを模擬就労というプログラムで得られました。

就労移行は一般的には体にハンディを持ってる人へ社会に出るきっかけを作ってくれる場所でありますが、自分の場合はそれプラスアルファで特にコミュニケーション力がつきました。

いろいろ貴重な体験、勉強をさせていただきました。人生が変わるすごいきっかけになって感謝してます。

通所してご自身で変わったことはありましたか?

自分を客観的に見ること、いわゆる自己分析ができるようになりました。

また、「コミュニケーションの苦手意識がなくなった」のを超えて、コミュニケーションがむしろ好きになり、真反対な性格になりました。コミュニケーションをする仕事がしたいと思えるようになりました。

好きなプログラムは何かありましたか?

模擬就労はすごい好きでした。今までは3人くらいで話し合うのがすごい苦手でしたが、通所していくうちに自然と話せるようになってる自分がいて、不思議に思えました。今までの知識も活かせるし、とても楽しい時間でした。

大変だったことは何かありましたか?

歩いて20分かかるのでそれが大変でした。あとは履歴書など応募書類を書くときは悩みました。

ココルポートの良いところは何だと思いますか?

こんなところない、憩いの場と言いますか…。居心地がとても良く、スタッフと話しやすかったです。どのスタッフもみんな話しやすく良い人たちでした。「嫌な上司がいるから話しかける上司を選ぶ」みたいなことが一切ありませんでした。

ココルポートの悪いところは何だと思いますか?

うーん、思いつきませんがしいていうなら、いつまでもここにいたいと思うから就職したくなくなると思ってしまうところですかね。

何か皆さんへ一言ありますか?

障害を持ってるとか関係なく、コミュニケーションが足りてないと思ってる方はぜひ見にきて欲しいと思います。私はもっと早く知りたかったです。

ココルポートのメリット・強み

ココルポートのメリット、強みは何?

他社と比較した時のココルポートの強みは何なのか、取材をもとにわかったことをまとめていきます。

以下の8点です!

他社と比べた強み
  • 一人一人にあった支援
  • 500ほどのプログラム
  • スタッフの研修制度が手厚い
  • 週2日~半日から通所可能
  • 福祉専門資格と社会人経験を持つスタッフの割合が半々
  • 交通費、昼食支給、ドリンクサーバーあり
  • 一人一台のノートPC
  • 通院同行あり

一人一人にあった支援

ココルポートの一番推してることであり、全てはここに集約されるそうです。

どの就労移行も個別支援計画というものはありますがココルポートは特に個を尊重してるとのこと。

「徹底的に個別支援にこだわる」というコピーもホームページに書いてあります。

一人一人課題は異なるため、その個々の課題をスタッフ全員が解決するためにカリキュラムを作り、取り組んでいくとおっしゃっていました。

500ほどのプログラム

実際にどんなプログラムがあるか見せていただいたんですが本当に500ありました笑。

就労移行2年しか通えないのに…!

いろんなジャンルのプログラムがあって勉強にもなるし、プログラムに飽きることはなさそうですね。

スタッフの研修制度が手厚い

よく就労移行で「スタッフのレベルが低い」といったネット上の口コミを見ることがありますが、ココルポートは研修体制がしっかりしてるそうです。

入社後半年にわたって5回、職種によって他にも研修の機会があるみたいなので、知識がないスタッフが対応することはまずないと言えます。

自分の就労移行は1回も研修なかったのに…

週2日~半日から通所可能

「ブランクがあって毎日通所なんて自信ない!」って人や「徐々に慣らしていきたい」って人のために週2日~、半日から通所することが可能だそうです。

就労移行によっては最低週4日通所可能が条件ってところもあるので、これも就労移行を選ぶポイントになるのではないでしょうか。

福祉専門資格と社会人経験を持つスタッフの割合が半々

福祉専門資格(精神保健福祉士、臨床心理士など)を持つスタッフと持っていない別の業界出身のスタッフが半々だそうです。

これは偏ってもよくないかなと思い、メリットの方に入れました。

バランス大事です

仕事・就職に関すること、メンタルケアなど幅広い対応が期待できそうです。

ただし、Office(事業所)によって割合は異なります。要確認ですね。

交通費、昼食支給、ドリンクサーバーあり

通所することになると忘れてはいけないのが交通費や昼食代です。

週に何回も通うことになるので電車やバスを使う人にとっては交通費はきついですよね。

交通費は住んでる地域によっては負担してくれるところもありますがしてくれない地域もあります。

昼食も出ない就労移行は多く、その場合コンビニ弁当などに頼ることになって栄養が偏りがちです。

昼食代も財布に厳しい!

それがココルポートはどちらも支給される神対応!

これも先ほどいった「利用者ひとりひとりを第一に」考えてのサポートのようです。

さらに室内にドリンクサーバーもあります!武蔵浦和ではお茶だけなくコーヒー・レモンウォーターも飲めました!

一人一台のノートPC

ココルポートは人数分のノートPCは必ず用意しているそうです。

プログラムでエクセルやワードを行うことももちろんですが、個別活動の時にeラーニングでPCスキルを学ぶことができます。

e-ラーニングではExcel、Word、PowerPointだけではなく、事業所によってはプログラミングやAdobeソフトにも対応しているところもあるそうです(要確認)。

もちろんMOS対策もしっかりできます。

通院同行あり

希望者がいれば通院同行も可能とのこと。

主治医にうまく説明できない場合や一緒に話を聞いてもらいたいときなどは一緒に来てもらえるそうです。

珍しいサポートですね

ココルポートのデメリット・弱み

ココルポートの弱みは何?

強みもあれば、もちろん弱みもあります。

取材や見学を通して感じたデメリットがこちらの3点。

他社と比べた弱み
  • IT系など、特化型の支援は行っていない
  • 重度の身体障害の方の受け入れは環境上難しい
  • Office(事業所)によって方針が若干異なる

IT系など、特化型の支援は行っていない

最近増えてきている特化型の支援は現状行ってないそうです。

例えばWebデザイナーを目指す就労移行やプログラマーを目指す就労移行なんかがありますね。

そのような何かに特化したいという方は他の就労移行がいいでしょう。

ココルポートはeラーニングがあったり、プログラムでも基本的なPCスキルは学べるので専門職を目指してない方は問題ありません。

重度の身体障害の方の受け入れは環境上難しい

施設の関係上、重度の身体障害の方は受け入れが難しいそうです。

スタッフさんも対応できるようにしたいとは言っていましたがなかなか厳しいそうです。

ちなみに車椅子で来れる方は問題ありません。

施設によるかもしれないので要確認です

Office(事業所)によって方針が若干異なる

現在Office(事業所)が40以上あるココルポートですがOffice毎に若干ルールが異なるみたいです。

これはメリットでもありデメリットでもあるかなと思いましたがデメリットに入れました。

例えば、武蔵浦和では朝礼の司会は利用者さんが行っていましたが、他のOfficeではスタッフが行なっている所もあるそうです。

実際通所することになるのは1箇所であり他を知ることはないのでデメリットと言えるか微妙ですが…。

今回取材した武蔵浦和の雰囲気はとても良く感じましたがもしかしたら他のOfficeは違うのでは?と少し考えてしまいました。

とはいえ、基本的な方針やカリキュラムは変わらないので大きく異なるってことはありません。

やはりまずは自分の目で確認してほしいなとおもいます。見学だけでなく体験通所も可能なので何回か通えば雰囲気や方針がわかると思います。

ココルポートの詳細情報

cocorport(ココルポート)
運営会社株式会社ココルポート
対象地域東京・神奈川・千葉・埼玉・福岡
事業所数
(2020年2月)
43事業所
対象精神・発達・知的・身体・難病
就職実績1,325名
定着率89.4%
公式HPhttps://www.cocorport.co.jp

よくある質問

ココルポートに関するよくある質問をまとめていきます。

通所開始時の通所日数はどれくらい?
週5日程度:31%
週4日程度:21%
週3日程度:25%
週2日程度:23%

※2020年2月時点でのデータです。
引用:https://www.cocorport.co.jp/service/feature/
通所から就職までの期間はどれくらい?
半年以内:4%
1年以内:35%
1年半以内:34%
2年以内:27%

※2020年2月時点でのデータです。
引用:https://www.cocorport.co.jp/service/feature/
利用者の年齢層は?
10代:1%
20代:24%
30代:33%
40代:28%
50代:13%
60代:1%

※2020年2月時点でのデータです。
引用:https://www.cocorport.co.jp/service/feature/
利用者の障害種別の割合は?
精神障害:66%
発達障害:15%
知的障害:12%
身体障害:6%
難病:1%

※2020年2月時点でのデータです。
引用:https://www.cocorport.co.jp/service/feature/
プログラムは強制参加?
強制ではなく参加したい人が参加するスタンスですが、必要な人へスタッフが参加を促すことはあるそうです。
交通費支給の上限はどれくらい?
1万円/月を上限としているそうです。
軽作業のプログラム多い?
軽作業の訓練は必要な人が必要な時に個別訓練で行うそうです。
スーツデーはある?
事業所によってはスーツで通所をするスーツデーがあるところもあるそうです。
土曜日はある?
土曜日は余暇プログラムを行っていて、楽しみながらコミュニケーションの訓練をすることを目的としているそうです。参加は強制ではないとのこと。
就労移行を検討してる方に一言ありますか?
就労移行への通所は当事者同士の関わり合いの「気づき」がとても多いのでそれをまずしに来て欲しいと思っています。そういった機会、場所は限られており、さらに仕事で、就職でって場所は就労移行くらいしかないので、勇気はいると思いますが、就労移行の利用を考えて欲しいなと思います。(武蔵浦和Office磯邉さんより)

【まとめ】ココルポートに向いてる人、向いてない人

ココルポートに向いてる人は?

以上をふまえて、ココルポートに向いてる人、向いてない人を私目線でまとめます。

ココルポートに向いてる人
  • ビジネススキルを身に付けたい
  • コミュニケーション能力を高めたい
  • 強制はされたくない
  • 交通費、昼食支給を条件としている
  • 週2日~でも通所できるところを探してる
ココルポートに向いてない人
  • 専門的なITスキルを身に付けたい
  • 専門の心理的なケアやカウンセリングを求めている

ココルポートを1日見学、取材をして感じたのはとてもバランスが取れた就労移行だということです。

きっちりしてるところはきっちりして、でも強制はしない緩さの部分もある。

通所できる場所にココルポートがある方は、ぜひ見に行って欲しいです。

聞いたところココルポートを体験通所した人の9割以上の方がそのまま通所を決めたそうです。

見学、体験はもちろん無料ですし、通所もほとんどの方が無料で利用できます。

見学の申し込みは下記ボタンから行えます。

公式HPはこちら!

コメント

ページトップへ